クラシックなAtum Eamelエナメルの腕時計

「Atum Eneamel」は、クラシックなスタイルの「エナメル盤面」を使い、ドイツ銀の「2/3サンドイッチ」を搭載しています。

 
41 mmのケースはプラチナやバラゴールド、ホワイトエナメル盤、12時のローマ数字はブルー、6時は金針小秒盤、金色中心式梨形時分針、時計回りの先端がやや長いというランドマーク的な特徴があります。3点の冠は時間調整専用で、4点は特殊なチェーン構造の専用押しボタンです。

 
オリジナルのカリブブリエ100.1手動チェーンムーブメントを搭載し、独自の「Grosman」押し式チェーンシステムを持ち、ケースエッジ4ポイントのボタンを通してチェーンを作ります。ドイツの銀2/3のマザーボードは、直径14.2 mmの特許製の大きなホイールを持っています。全部で198個の部品を並べて、しきりに18000 vphを並べて、42時間の動力は貯蔵します。

 
押しボタン式チェーンのデザインはとても珍しいです。レトロなデザインと独特な機械構造がこの表に非常に注目されています。バラの金版の官価は34200ユーロで、プラチナ版の官価は35300ユーロで、全部25枚限定します。