H-4 Hercuules Limited Edition「雲杉ガチョウ」特別版ダブルタイムゾーン腕時計

イギリス時計工場Bremontは1940年代に米軍のために開発された同名の巨大な水上輸送機を発表したばかりです。この飛行機はまだ正式に使用されていませんが、依然として航空の先駆者の創造力、勇気と雄心の象徴とされています。

 
H-4 Hercuulesの愛称は「雲杉ガチョウ」(Spruce Goose)で、長さは66.65メートル、高さは24.18メートル、翼展は97.54メートルに達し、史上最大の飛行機の一つです。第二次世界大戦中は物資の供給が不足していたため、胴体は金属ではなく樺の木を使用していた。1947年に唯一の飛行を行いました。飛行距離は1マイルで、26秒続いています。現在は米国Evergreen博物館に収蔵されています。

 
新作は全部で3つのバージョンを提供します。精密鋼のケースは黒い文字盤とプラチナまたはバラゴールドのケースと茶色の文字盤を組み合わせています。時計のデザインは1940年代のレトロなスタイルを呈しています。時分針は旧式の注射器の形をしています。9時の小さい秒盤は同心円の模様を飾ります。6時はカレンダーの窓です。文字盤の一番外縁は24時間の目盛りで、暗い色の半分は昼を表し、明るい色の半分は夜を表し、矢印の針に合わせて第二の時間帯を表示します。

 
43 mmのケースには、新型BWC/02の自動上鎖ムーブメントを搭載し、動力は50時間備蓄されています。上鎖摆陀は特別に飛行機のプロペラの形に設計されています。どの羽根にも「雲杉ガチョウ」の胴体を切断した樺の木がはめ込まれています。

 
精鋼版は300枚限定で、価格は9495ポンドです。バラ金は75枚限定で、官価は17995ポンドです。プラチナ版は75枚限定で、官価は24995ポンドです。Brementによると、販売収入の一部は博物館に寄贈され、「雲杉ガチョウ」の日常メンテナンスに使われるという。