スウィッチはルーブル博物館と手を携えて、新しいシリーズの腕時計を発売しました。

2018年にアムステルダム国立博物館とマドリードのティセン・ボネミサ博物館と相次いで提携した後、スウィッチは再び創意的な旅に出て、第三駅――ロマンチックな都パリに来ました。ルーブル博物館と手を携えて、新しいシリーズリストを発表しました。今回発売された4つの腕時計ロレックスコピーは「モナリザ」や他のルーブル美術館の蔵をモデルにして、世界に伝わる作品をスポットライトの下に展示して、このウォーキの独特な方式で、芸術を世界の人の腕の間で流通させて伝承しています。

 
LISA MASQUEEの腕時計はレオナルド・ダ・ヴィンチの後世の佳作「モナリザ」に現代の芸術色を与えた。その鏡の文字盤は「YLOUVREE」という文字に映えています。モナリザの顔は世界的に有名な微笑と輝き合っています。オレンジ色の仮面の下の双眸はかすかな愛嬌と愛嬌が溢れています。

 
HAIRY BLUE MARYとHENRYTHE FORECEの二種類の腕時計はフランズ・プブスの二世17世紀の初期にマリー・デ・ミッチと夫のヘンリー四世が描いた全身像を巧みにその中に溶け込ませています。フランス王室のファッションを追求するため、ガガミラノスーパーコピー腕時計の中でマリーの髪の色を皇室のブルーに変えました。ヘンリーはおしゃれな赤いメガネをかけました。圭多・レイニーの作品『ヘレンを誘拐する』のキューピットはFLECHE D’AMOUR腕時計とここで出会い、違った火花をぶつかり、彼の指はハートを指し、真の愛を獲得することを表しています。