現代の経典ゲーラの蘇蒂PanoGraph

この腕時計の視覚効果は簡単明瞭で、簡単と調和の美を体現しています。すべてのPano偏心シリーズの文字盤と同じように、このデザインは黄金分断比率に基づいています。この比率は昔から芸術家に推賞されてきました。彼らの優れた芸術、音楽と建築作品に応用されています。

 
計時機能の2つのボタンはそれぞれケースの4点と2点の位置にあり、文字盤に「開始-停止」と「飛回」と黒の文字で表示されます。後者は計時針としてゼロに戻り、前者は計時として使われます。

 
文字盤の左側は交互の時間/分の文字盤と小さい秒の針盤で、ゲーラの蘇蒂の大きい日付は以前のデザインと同じに4時の時刻に位置して人目を引きます。この腕時計の非凡な30分は10分ごとの目盛りと三つの単独の針を使って、現代の流れで新しいデザインを演出します。

 
この極致腕時計の中央には、ゲーラの蘇蒂が設計した手動上弦ムーブメント61-03があります。従来の変換輪の中の手動上弦計時装置は、スタート、停止、ゼロリターン機能を含み、まず停止せずにゼロに戻すことができます。文字盤の右側の2つのタイミングボタンでこれらの機能をすべて操作できます。