自動車ブランドと腕時計の組み合わせ!

自動車とブランド時計コピーは共通点が多いだけでなく、多くの男性が特に夢中になっているものです。だからよく見ることができます。多くの人は車のメーターと一緒に干すのが好きです。もちろんです。車と時計が多すぎる土豪たちにとっては、毎日乗りたいと考える以外に、どの車にどの時計を合わせるかが問題かもしれません。

 
実は車と時計はブランド、デザインの違いから、スタイルも違います。主人の経済実力を示す以外に、品位と個性を代表することができます。普通の人は毎日車を選ぶという悩みはありませんが、実際には車と時計の前に、確かにいくつかの「暗黙のルール」があります。今すぐ来てみます。

 
日産&カシオ
1.同じ価格帯の中で、カシオは品質がよくて、外形がいいです。日産は配置が高くて、内装がいいです。2.科学技術の面では自分のデザインがあります。カシオの電子時計は世界でもトップレベルです。日産の品質は信頼性ではなく、質感に乗るかもしれません。

 
ホンダ&セイコー
1.技術の流れであり、セイコーの芯が有名で、エンジンを買って車に送るホンダは、エンジンが世界的に有名です。2.デザインからムーブメントの開発まで、セイコーは全部一手に引き受けます。本田は技術オタクと言われています。メーカーと提携しないで、ほとんどの部品は自分で開発します。
3.ローエンド製品からハイエンドまで、両方の製品ラインは完璧です。4.海外市場が大きく、欧米人はセイコーに憧れています。本田も海外特に米国市場に執着しています。本国は600 cc以下の軽自動車を多く作っています。

 
トヨタ&シチズン
1.シチズンはトヨタと同じように、比較的身近で落ち着いた路線を歩むとともに、中国で初めて知名度を上げた日本製品です。比較的親民的な位置付けですが、ハイエンドモデルがあります。
2.多くの人は日本のシチズン会社が腕時計、時計製品を作っていることを知っていますが、シチズンはグループ会社です。例えば、石英水晶振シリーズは西鉄城の主力商品の一つです。トヨタも純粋な自動車会社ではなく、大型グループです。普通はトヨタは自動車部門だけが独立した会社です。それぞれの特徴が顕著で、西鉄城は光運動エネルギーメーターがあり、豊田は越野suvがあります。

 
フォルクスワーゲン&ティソ
1.両工場は長い歴史を持っています。いずれも一番早く中国に入る外国ブランドの一つです。国内の知名度はとても高いです。家庭消費品としては、大衆もドイツ車の入門モデルであり、家庭の一般消費品となっています。中国での販売量は非常に高く、傘下のブルガリコピー製品は価格の幅が大きいので、入門級からハイエンドの製品まであります。
ジープ&メンミルトン
2つの共通点:1.米国からのブランドは、最初は軍隊の使用に供するもので、品質は長持ちする。2.量産後も粗野で力強いスタイルを維持する。

« « 前ページ: