鑑賞の宝パーDamasquinage金銀の糸の象眼

金銀のモザイクの技法は最初に中国から起源して、ダマスカスに入ってからまた続々とペルシャ、インド、スペインのトニックなどを導入して、金銀の線のモザイクの技法を運用します。このような工芸技術は戦争物品、刀剣、甲冑などの物品によく使われ、濃厚な異国情緒を漂わせます。今回もこの伝説的な装飾工芸を完璧に再現しました。

 
フェイスプレート自体は、Grade 2の純チタンを使用しています。金竜彫刻の模様は伝統的な技法によって作られます。まず手作業で表面にパターン構造を彫刻し、24 K純金ハンマーを彫刻溝に打ち込みます。続いて表面を研磨して平らにした後に、図案はいかなる装飾の技法がすべて比類がないまばゆい光芒を現して、深くて長くてまたきらきらと輝いています。全シリーズのDamasquinage金銀の糸のモザイク腕時計に45 mmのバラゴールドのケースを合わせます。また、プラチナの特別なカリバー15を搭載しており、世界に類を見ない腕時計の大作です。