IWCの最も経典の4大シリーズの入門項

パイロットシリーズ:「表界エンジニア」の封号を持つIWC万国表のパイロットシリーズは優れた正確な特性のため、1930年から各国の空軍に愛用されています。今はパイロットシリーズの下でMark 16、大型パイロット、噴火戦闘機などいくつかのシリーズに分けられています。その中でMark 16の価格が一番低く、市場が一番いいです。

 
古典的なMark 16腕時計のデザインは飛行表の特色を備えています。文字盤の直径が大きくなり、操縦室の計器のデザインをまねて、簡潔で明瞭です。表スタイルは優雅でレトロで、耐磁性に優れています。

 
柏濤菲諾シリーズ:柏濤菲諾シリーズのスタイルはシンプルで、万国表シリーズの中でずっと重要な地位を持っています。このシリーズのモデルは上品で、コレクションがあり、低調でクラシックです。まさにこのような内蔵型のスタイルのようなものは、線香花火のようなファッションモデルに勝り、長持ちして衰えません。

 
海洋シリーズ:万国傘下のダイバーズ腕時計シリーズは1967年に初めて発売されました。「海のクロノグラフ」というブランドです。このシリーズは信頼できる品質で、今もスポーツ腕時計の中では唯一無二です。新しい海洋シリーズの腕時計は内蔵式のクロノグラフの輪を備えています。同時に潜水時計と運動時計の血統と特性を持っています。