沛納海限定史上初の42 mmグリーンリスト!

沛納海に新作が!はい、この「又」の字は10回を使うべきです。SIHHを見送るために、パネライコピー時計展が終わった後、少なくとも十数枚の新しい時計を見ました。銅の殻、銀のチェーン、Radiomirの緑の面、Lunimor Dueなど、工場で勤務賞があれば、デザイナーが持ってきてもいいです。

 
新製品はSubmersibleのためにもう一人の大将を追加しました。年初の強風で落葉を掃きました。12枚の新しい表がSubmersibleの自立を祝います。その後、Luna Rossaの第一弾があります。また、新世代のエンドル銅製の時計があります。PaneraiがSubmersibleに対して寵愛があることが分かります。LuminorとRadiomirがあります。

 
新しいPAM 1055は、典型的な沛納海緑色の表面、すなわちmiitary green色を用いて、グラデーションがなく、放射線もない。沛納海によくある軍緑ですが、写真から見ると、PAM 1055の緑はややかすれています。Radiomir PAM 995のように緑がかっていません。特に、PAM 1055はSubmersibleに属しています。これまでは第一枚の緑色面の42 mmモデルで、以前はSubmersibleの銅表と軍緑文字盤の二つしかありませんでしたが、サイズは全部47 mmです。今年正式に入籍したのは精緻な42 mmモデルです。

 
腕時計はステンレスのケースと時計の輪を使っています。銀と緑の組み合わせしかできません。夜光も白いスーパールミオです。色調はシンプルです。グリーンテープはPanerai家族の中で比較的新鮮で、展示会のブルガリコピー体験限定版PAM 961で、かつて同じ軍緑色のベルトを配合しました。