立体通透、超人予想:生き生きとしたHYT H 5腕時計

自然界の侵食作用は、一蹴して完成するのではなく、少しずつ進化していく過程である。したがって、真実で生き生きとした「物語」が描かれている。HYTは志を変えない使命であり、「時間を特別な意味で与える」というのは同じ法則を守っています。私達の地球が侵食作用で貴重な高山峡谷、蛇行海岸を形成しているように、HYTの新しいH 5腕時計も同じように形を整え、具象化しています。時間の経過を示すことで、過去とは何か、現在とは何か、未来とは何かを評価してくれます。層が一つまた一つ、元素が一つまた一つ、時間の本質と内包が少しずつ現れてきます。時間と革新はずっと絶えず変化する過程の中にあります。

 
新たな501型の特許ムーブメントは「異極相吸、対立調和」の真実を描写しています。年に開発され、ほとんどが時計領域の快適地帯の外にあり、最終的には一体型の機械装置となり、機械と流体という二つの対立可能な技術を十分に利用しました。美しい大気、立体が透ける――これは「内外兼修」の卓越したムーブメントであることが実証されています。HYTは時間の進行を視覚化することに熱中していますが、H 5に搭載されているブレークスルームーブメントはこの方向に沿って行われる美学と技術を兼ね備えた大ジャンプです。

 
ハンド精練ムーブメントは一定の速度を設定し、適切なエネルギーを精確に放出し、毛細管内の2つの非相溶液体を駆動して流れます。それらはそれぞれ、この間の時間と遠くない後に来る時間を表します。サファイアガラスの底蓋を通して、時間と分の指示を調整して配置するための13の可能性を提供しています。全体としての運行を確保します。大型曲げレバーは、ムーブメントの様々な相互作用の元素を連結し、複雑で繊細なチェーン反応を作り出します。これによって、ムーブメント推進調節用の波形管(人間の髪の毛の直径より4倍小さい管壁の厚さ)が次の24時間の旅をトリガします。HYTは芸術と技術を同じ空間で共にすることに優れていて、この方面の“古参の大家”を称することができます。