車より腕時計のほうが好きですか?

今の社会では自動車や家を持つことは成功を象徴しているようです。腕時計ウブロコピーという贅沢品も間接的に人の品位の高さと低さを反映しています。普通の男性は自分が品位のある成功者であることを望んでいます。これらの点から見れば、男が自動車と腕時計を好むのは自然なことです。
男の人はなぜ腕時計が好きですか?なぜこんなに惹かれますか?ある人はまた言います。携帯も時間が見られるのではないですか?腕時計より正確です。実は問題はそんなに簡単ではありません。携帯は携帯電話です。腕時計は腕時計です。

 
1.腕時計は身分証明書です。
一人前の男として、腕時計らしい腕時計を持っています。ある程度は身分を明らかにすることができます。例えば、バンダイの広告用語は「誰も持っていないので、次の世代のために保管しているだけです。」高強制的な宣伝は、着用者の身分と地位を明らかにするのに十分である。もちろん、「格が高すぎて腰がふらつきやすい」という人もいます。

 
2.腕時計は富の象徴です。
もしかすると一部の読者の友達はまだ理解していないかもしれません。多くのトップウォッチはややもすれば数十万、百万枚もあります。これは数十万、百万台以上の車を運転するよりも「風を引く」のが多いです。この腕時計は自動のマシン芯を搭載しています。ケースは18 Kのバラゴールドの材質で、冠はブラックの陶磁器の材質で、日付表示と時間計測機能があります。直径42ミリ、防水100メートル、参考価格は305000元です。

 
3.腕時計は味のアピールです。
特にトップクラスの豪華な腕時計は多くの時計の種類が多くの精巧な工芸(例えば、ムーブメント研磨、エナメル、彫刻、透かし、押し入れドリルなど)を積載しています。まるで工芸品や芸術品のようです。例えば、この珠玉の経典シリーズ7137 BB/11/9 V 6の腕時計は自動機械芯を搭載しています。ケースは18 Kの白金の材質です。18 Kのプラチナの文字盤には手作業の彫り模様があります。日付表示、月相表示、動力備蓄表示機能があります。表径は39 mmで、水防は30 mです。

 
4.腕時計は楽しいところです。
私達も認めなければなりません。多くの人が腕時計をいじったり、腕時計を鑑賞したりする過程で多くの楽しみを得ることができます。これは趣味です。また、このような趣味は時計の価値価値の上昇を保つかどうかはあまり関係がありません。実は、実を言うと、多くの腕時計はまったく価値を保証しなくて、更に上昇することを議論する暇がないので、その中で楽しみを見つけたら十分です。でも、ある腕時計は確かに面白いです。たとえば、このアコードの蝶々の人形時計です。

 
5.腕時計は時間のキャリヤーです。
時間は一番大切なものだとよく言いますが、どうやって時間の存在を一番直観的に感じることができますか?腕時計はもちろん重要な形です。時計をはめると、時間を大切にし、時間を大切にするという意識が強いような気がします。また、多くのロレックスコピー時計を身につけている人も時間をコントロールしているような気がします。