スピードマスターマークII:ゴージャスクラシックタイムピース

1969年は人類の歴史で記憶に残る年です。人類は初めて地球の境界を越えて別の惑星である月に着陸し、月面に足跡を残した最初の宇宙飛行士はオメガスピードマスタープロフェッショナルクロノグラフを着用していました。

 

 

同じ年に、オメガはさわやかなスピードマスターマークIIウォッチを発売しました。ケースのデザインは合理化されており、861の内部の手動巻きムーブメントは、月のテストを正常に完了した月の時計によって運ばれた動きです。

 

 

2014年、オメガは自動巻きムーブメントを搭載したクラシックなSpeedmaster Mark IIレプリカを作り直しました。同時に、新しいスピードマスターマークIIのスピードメータースケールは処理されており、非常に弱い光でもはっきりと見えます。これは、スピードマスターシリーズで初めてです。

 

 

つや消しで磨かれたステンレススチールケースは、磨かれた王冠とクロノグラフボタンを備えた樽型です。カレンダー調整器は、ケースの10時位置にあります。ダイヤルには3つの小さなダイヤルがあります。3時位置に30分のクロノグラフダイヤル、6時位置に12時間のクロノグラフダイヤル、9時位置にスモールセコンドダイヤルです。平凸の耐摩耗性サファイアクリスタルは、マットブラックまたはグレーのダイヤルを効果的に保護します。

 

 

透明な速度計の目盛りはサファイアクリスタルの内側に転写され、その下のアルミリングは発光コーティングで覆われています暗い環境では、特に目を引く透明な目盛りを通して夜間の光が表示されます。黒と白のラッカー仕上げの時針、分針、中央のクロノグラフ針にもスーパールミノバがコーティングされています。

 

 

オメガとスピードマスターのクラシックなデザインが好きな人のために、色のハイライトが必要な場合は、グレーのダイヤル、その蛍光オレンジの中央クロノグラフ秒針、その色に合った分目盛り付きのスピードマスターマークII時計を選択できます印象的です。