冒険のための展示時計

「アドベンチャーウォッチエキシビション」は無錫でデビューし、2020年1月8日から1月16日まで開催されます。
無錫ヤオハンは愛情を持って発表した。エクスプローラーモデルは、ロレックスオイスターパーペチュアルウォッチを搭載した遠征隊によるエベレスト初の首脳会談を記念して1953年に誕生しました。エクスプローラーIIは1971年に誕生し、世界中の洞窟探検家、火山学者、探検家に選ばれています。この展覧会では、訪問者は一連のパネルとビデオを通してこの伝説的なスーパーコピー時計の背後にある素晴らしい物語を探索します。

 

 

自然研究所
エクスプローラースタイルの物語は、ロレックスの歴史と密接に関連しています。 1930年代以来、ロレックスはその自然環境を実験室として使用し、実際の条件下で時計をテストしています。 10回以上の高地探検で、世界で最も過酷な地域を探検するために、世界で最も偉大な探検家の一部がロレックスオイスターパーペチュアルウォッチを装備しました。ロレックスはまた、極端な条件下での時計の性能を理解し、正確で信頼性の高いツールウォッチを開発するための貴重なフィードバックを受け取りました。

 

 

探検家向けに設計
Oyster Perpetual Explorerウォッチの特別な機能は、エクスプローラーのニーズに特に適しています。この時計は、あらゆる状況下で正確に時間を計ることができます。パワフルで信頼性の高いパフォーマンス、シンプルで美しいコントラストのデザインだけでなく、文字盤をより明瞭で読みやすくします。 Explorerのタイプは、並外れた伝統を継承し、独自の特性を保持しながら、Paraflexクッションデバイスなどのロレックスの技術的発明を引き続き活用しています。

 

 

2010年以降、ケースの直径は39 mmに拡大しましたが、これはさらに異常です。ダイアルのアワーマーカーは、クロマライトの発光素材でコーティングされており、青色光を長時間放射できます。どんな環境でもクリアで読みやすいです。象徴的な3、6、9アラビア数字は、シンプルなダイアルとは対照的です。

 

 

さらに、Explorer IIの24時間針と目盛り付き固定ベゼルにより、着用者は昼と夜を明確に区別できます。 1971年に導入されたこの時計は、2011年に再設計され、ケースの直径が42 mmに拡大されました。 Explorer IIにはキャリバー3187が装備されており、アドベンチャー中に2つのタイムゾーンで時間を表示することもできます。

 
自動巻きの機械式ムーブメントは、ロレックスの時計の固有の品質、つまり頑丈で信頼性が高く、正確で使いやすいことを保証します。過酷な環境向けに設計されたこの時計は、ロレックスと世界を探検することの密接なつながりを完全に反映しています。

 
探検から保全へ
21世紀以来、ロレックスと探検家のユニークな関係は、環境保護への取り組みへと進化してきました。 「地球を保護し、動き続ける」という信念を堅持し、ロレックスは有名な探検家や関連組織と協力して、探査を促進し、オメガスーパーコピー環境を保護し、次世代の探検家を育てます。