新年のメンズウォッチのための2020年のビジネスマンの選択

IWCポートフィノシリーズIW356501メンズ腕時計
最初に思い浮かぶのは、メンズウォッチブランドのみであるIWCで、IWCメンズウォッチは男性的で、その外観はほとんどの男性の美学に沿っています。このIWCメンズウォッチのホワイトダイヤルには「IWC」をお勧めします。ブランドロゴはコピー時計をより識別しやすくします。ステンレス製のねじ山付きリューズにはブランドロゴが刻まれており、ねじ山のデザインは着用者が時間を調整するのに便利であると同時に、機械アートはより立体的です。ステンレススチール製の閉じたケースの底には、ブランド名に満ちたシリーズ名、防水ロゴ、シリーズコードが刻まれており、詳細なボトムカバーは着用者が快適で自然になるように磨かれています。黒いワニ革のストラップにより、手首が自由に動き、人間の手首の湾曲にフィットします。この男性用時計の価格は30430元です。

 

 

オメガディッシュフライングシリーズ424.10.37.20.02.001機械式メンズ腕時計
オメガとロレックスは常に時計ブランドと比較されてきましたが、最終的な分析では、いくつかの点でオメガはロレックスよりも劣っていますが、オメガも素晴らしいです、シャオビアンにとって、2つの時計ブランドには独自の春と秋があります。このメンズウォッチに推奨される3針ダイヤル、エレガントなローマのスケールを備えたエレガントなシルバーの針はシンプルで寛大で、3時位置のカレンダー表示がはっきりと読み取られます。ケースはステンレススチールで作られており、滑らかなエッジは快適で不快なものですテクスチャード加工されたクラウンにより、時間の調整が容易になり、外観はシンプルでスタイリッシュです。オメガのロゴが付いたしっかりと密閉されたステンレススチールのケースバックは、より防水性があり、神秘的な魅力を加えています。選択されたステンレススチールストラップ、美しい質感、折り畳み式バックル付き、操作が簡単、快適でエレガントな着用。この男性用時計の価格は25,000元です。

 

 

ロンジンマスターシリーズL2.628.4.77.6自動機械式時計
ロンジンはオメガと同じですが、クオーツ危機により元の覇権を失いました。しかし、ロンジンの状況はそれほど悪くはありません。特に10,000元以上の時計では、市場シェアは非常に大きいです。このおすすめのメンズウォッチには、銀色の小麦の耳ダイヤルと美しい12個のダイヤモンドがあり、ロンジンの優雅さを示しています。 3時位置の中央の王冠にはLongwingブランドの砂時計のロゴがあり、プッシュプルクラウンは使いやすく、ブランドの魅力を際立たせています。精密な機械式ムーブメント、透明な底部ムーブメントがはっきりと見え、ロンジンの職人技を示し、機械構造のユニークな美しさを強調しています。オメガコピー日常生活、ビジネス交渉、ソーシャルエンターテイメントなど、どんな機会でも注目の的となります。この男性用腕時計の価格は16560元です。