初代ワールドタイムウォッチの誕生

1935年、天才時計メーカーのルイコティエ(Louis Cottier)が世界のタイムゾーンの時計スーパーコピームーブメントを発明しました。 巧妙な設計により、24タイムゾーンの代表的な都市を文字盤の外側の円に収容しています。現地時間を従来の12時間方式で直接読み取ると、他の23タイムゾーンの時間は、文字盤の24時間スケールの内側の円から読み取ることができます。

 
世界のタイムゾーン時計ムーブメントの発明は、ルイの創造性と想像力を反映して、時計業界の偉業です。 まもなく、彼のデザインはスイスの時計ブランドPATEK PHILIPPEの注目を集めました。 1937年、パテックフィリップとルイは共同で最初のワールドタイムウォッチRef.515を発表しました。 同じ年、パテックフィリップとこの天才時計師は、世界最小のワールドタイム時計Ref.96 HUを作りました。

 

パテックフィリップワールドタイムウォッチは、その洗練された時計ブルガリコピー製造技術であらゆる分野から高い評価を得ており、旅行者やコレクターにも人気があります。 パテックフィリップはまた、本発明により時計の分野での地位を固めました。