ルノーウォッチ:注意深い味覚に値するハードコアなタイドウォッチブランド

ルノーの時計は、アーバンエリートのために作成された時計ブランドとして、スタイリッシュな形状と高品質でアーバン消費のトレンドをリードしています。さまざまな時計市場において、ルノーはすでにハードコアファッション製品の代表的な存在となっており、長い間多くの消費者グループを蓄積してきました。

 

時計は正確に時間を計るのに役立つツールです。誕生以来、人々は時計を時間ツールとして使用するだけでなく、着用者が個人的なイメージを作成し、全体的な気質を高め、ファッションの好みを示すのを助けるなどブライトリングコピー、複数の意味を与えます。そのため、ルノーウォッチは創業以来、「精密なタイミング、独創性、トレンドデザイン、ファッショナブルなスタイリング」などのキーワードに基づいて、あらゆる時計製品を綿密に作成してきました。

 

ルノーは1988年に、最も経済的にダイナミックな都市である温州で時計製造の道の研究を開始し、優れた時計製造技術を磨くために懸命に努力し、将来の同社の長期的な持続可能な発展の確固たる基盤を築きました。 1996年、ルノーウォッチは国内時計産業の開発の中心地として知られる特別経済区である深センに定住し、国内時計ブランド市場に完全に参入し、時計の大量生産を開始しました。

 

1998年、ルノーウォッチはさらに拡大を加速し、研究開発、設計、新素材のエンジニアリングを統合した生産システムを形成しました。ルノーの時計は大規模なショッピングモールに入り、大規模なマーケティングネットワークを構築し、ブランド宣言への道を開くために多数の広告を配置し始めました。当時の2セットのCCTVと地方のさまざまなTVメディアでは、ルノーの時計の魅力がよく見られます。

 

2010年、ルノーウォッチと国内の有名な上場企業である深センは、ブランドマーケティングインターナショナルコンサルタント株式会社を採用し、綿密な協力を行い、新しいブランド戦略を策定しました。ルノーウォッチは、中国のビジネスウォッチのパイオニアの1人として、Boao Forum for Asia組織委員会からルノーウォッチ「Boao Forum Asia Official Concierge Watch」を受賞し、Boao Forum for Asiaの長期的な戦略的パートナーとなりました。

 

2020年、ルノーがアジア・ボアオ・フォーラムの戦略的パートナーとなったのは今年で10年目です。「アジア・ボアオ・フォーラム」との協力10周年を記念して、ルノーはモデル880105、機械式のボアオ・ディンジ・シリーズ記念時計 パテックフィリップコピーを発売しましたムーブメントプラス316Lステンレススチールケース、光沢のあるブラックラバープラスレザーストラップ、サファイアクリスタルガラスミラープラス3次元アースデザインパターン、平凡な創意工夫のデザインを拒否して、完璧な精度の品質を実現し、ビジネスマンのエリートスタイルを強調します。この記念のハードコアタイドウォッチは、市場に出るとすぐに人気を博しました。