セイコー、プレサージュシリーズ有田セラミック文字盤ウォッチウォータームーン特別限定版を発売

2019年3月には、有田のセラミックダイヤルのおかげで、Presageシリーズの2つの作品が世界中のヴァシュロンコンスタンタンコピー時計愛好家から高い評価を得ました。セイコーは本日、新しいプレサージュシリーズアリタセラミック文字盤時計を発売しました。そのデザインは、日本の水月の美しさから着想を得ており、水に映る月の美しさを称えています。繊細なテクスチャーが施された白い文字盤には、青い針と時間マーカーが際立ち、時計に独特の美しさを与えています。プレサージュシリーズは、自動巻き時計を備えた絶妙な日本の工芸品を再び紹介します。

 

8世紀末から12世紀初頭にかけての平安時代、日本は長い間繁栄し、散文、詩、絵画が国の文化的アイデンティティの大部分を形作った。当時、ゆったりとしたクラスの趣味は、月を楽しみ、湖や庭の池で月の反射を鑑賞することでした。このシーンは、つかの間、手の届かないところにあり、日本美術のインスピレーションの源となっています。 。この月への魅惑は今日まで続き、新しいPresageシリーズの時計に反映されています。各細部は日本の伝統的な職人技と機械式時計製造の最高レベルを反映しています。

 

各文字盤の製造プロセスは複雑であり、焼成プロセスの複数の段階、ならびに優れたスキルと十分な忍耐が必要です。文字盤は、1830年から陶磁器を製造している有田の経験豊富なメーカーで、橋口博之氏らが制作。文字盤に時計に必要な強度を与えるために、職人は特別に調合された有田磁器を使用します。これは、伝統的な磁器よりも強く、耐久性があります。同時に、職人はまた、非常に正確な鋳造用金型を使用して、困難なタスクを完了します。つまり、各時計に時計にぴったり合う適切なサイズを提供します。

 

伝統的な有田磁器は、特別な釉薬を使用して、独特で微妙な青い光沢を作り出します。一方、新しい時計の文字盤は、透明で透明な釉薬を使用して、IWCスーパーコピー磁器素材自体の固有の白さを強調します。この真っ白な磁器は「白字」と呼ばれ、月の水の反射を連想させ、青い手、ローマ数字、サブダイヤルと対照的です。青い色合いと白い有田焼の組み合わせが、月の儚くて忘れられない美しさを水中にとらえ、日本の独特の美しさを表現しています。