A.ランゲ&ゾーネが1815シリーズのハニーゴールドケースウォッチを3つ発表

A. Lange&Söhneは、2020年のWatches&Wonders Shanghai Watch Exhibitionで3つの限定作品を発表しました。この新作は、「Aフェルディナンドアドルフランゲへのオマージュ」をテーマにしています。コンプリケーションウォッチ1個。

 

ランゲ独自のハニーゴールドを使用した3つの新しい時計のケースはすべて、希少金属成分が添加され、熱処理され、硬度と耐摩耗性が高く、暖かく魅力的な金色の光沢を放ちます。

 

1815薄型ハニーゴールド「オマージュトゥF. A.ランゲ」超薄型時計

この極薄時計の厚みはわずか6.3mmで、非常に着心地の良いドレッシーな時計です。文字盤のデザインは、F。A.ランゲの昔ながらの懐中時計にインスピレーションを得ています。白いエナメルの文字盤は、シンプルな2本針のレイアウトで、レトロなトラックの分目盛りとアラビア数字の時間マーカーが付いています。

 

L093.1手巻きムーブメントの厚さはわずか2.9mmで、167個のコンポーネントはすべて手作業で組み立てられ、パワーリザーブは72時間です。 4分の3の合板には装飾的な木目模様があり、ランゲ時計によく見られるグラスヒュッテ模様に取って代わります。手彫りのテンプルブリッジにはブラックロジウムメッキを施し、立体感を高めています。

 

ブラウンのアリゲーターレザーストラップが175個限定で付属し、公式価格は33,000ユーロです。