ロレックスとオメガを比較して、どのように選びますか?

時計界には、似たような印象を与えるブランドが常にあります。たとえば、ロレックスとオメガは大きなブランドです。ロレックスとオメガは世界的に有名なスイスの時計ブランドですが、本物の方が優れており、動きは良いか悪いかです。耐摩耗性に優れているため、比較する理由はありません。今日、陳卓は、外観から素材まで、2つのブランドの違いを理解するためにあなたを連れて行きます。

 
ロレックスブラックウォーターゴースト

多くの人が、ブラックウォーターゴーストにはグリーンウォーターゴーストのクラシックはないと言いますが、これはすべての人の好みと関係があります。ブラックウォーターゴーストは、ブラックダイアルとベゼルにちなんで名付けられていますが、ブラックダイアルはグリーンウォーターゴーストほど特徴的ではありません。しかし、黒は用途が広く、時代遅れになりにくい色であり、ほとんどの場合に適しており、ほとんどの衣類を制御できます。
カスタムのブラックウォーターゴーストは、ロレックスのクラシックな機能を復元し、独特のオイスターの外観を継承しています。ブラックセラミックの外観は、磨耗や破損に強いだけでなく、時計の光沢も向上させます。新しい904ステンレス鋼素材は、腐食によく耐えることができます。 、安全性の保証を追加するために、40mmのダイヤルデザインはまた、並外れた気質を明らかにします。

 
オメガシーマスター300

オメガの達人として、ハイマシリーズは常にウォッチフレンド、特に雰囲気のあるクラシックなブラックプレートハイマ300の間で人気があります。多くのウォッチフレンドは、本当の顔を見たことがないと言いました。これは、ダイビングウォッチに属しますが、ブラックプレートの影響を示しています。 、しかし、古典的な形と黒い文字盤は、レジャーとスポーツにマッチすることができます。
カスタマイズされたSeamaster300は、あらゆる小さなスケールから文字盤やストラップ全体に至るまで、細心の注意を払って復元します。通常の300メートルの防水には到達できませんが、日常生活での防水にはまったく問題がなく、水泳や入浴をサポートします。直径42mmの時計は多くの時計仲間にも愛されており、ステンレス素材とセラミックベゼルにより、ウォーターゴーストと同じ耐水性を備えています。
ロレックススーパーコピーであろうとオメガであろうと、それぞれに独自の特徴があり、多くの人がそれと同じように誰を選ぶか悩むことがあります。あるいは両方を同時に所有することは非常に良いことです。