ジンギスカン陀のはずみ車の4金槌の3は時計を聞きます

アテネが1モデルが搭載するのがまだありを表して陀はずみ車の時計のモデルがいて、とても有名で、それはつまりジンギスカン陀のはずみ車の4金槌の3は時計を聞きます。この時計はイベント人の偶数、4金槌の3に集まって陀はずみ車装置の3項のスーパーと複雑な機能を聞いて、まるですでに表を作成する界の伝奇になってモデルを表しました。

この時計陀はずみ車はとてもきれいで、陀はずみ車の橋板はJamesPellatonが20世紀にアテネの時計製造の形のためとと同じに、なめらかでくねくねしている線を持っていて、中間の受石はサファイアで、私達のよくあるルビーではありません。

またその他に2項の複雑な機能を見てみに来ます。イベント人の偶数、アテネが出すSanMarco聖人の馬イベント人の偶数の3を表して1989年に時間を知らせて初めて採用する機能を表しを聞くことができるので、それは表を作成する界にとって創始性ので、時計の文字盤の上の人は偶然に表したのに時間を知らせるのスーパーコピー時計をイベントを行う聞きに従うことができます。4金槌の3は聞いて、また“ウェストミンスター寺院”の3を称して聞いて、伝統の3に比べて機能に難度がもっと高いをの聞いて、それは4つの異なる音階をたたきだすことができます:Mi,Do,Re,So。

私に聞く友達があって、どうして陀はずみ車は必ず程度の上でそれの原本の機能性に散逸して、それは依然として私達に表を作成する界での“神の壇の上”を献上させられますか?もしも固執してどうしてもこの問題なければなりませんで、そのように表を作成して界の複雑な機能でもこのような立場に陥って、私達は今の目ができなくて歴史を見るのに行って、弁証法的な考えがあるなくてはなりません。私達の夢中になる陀はずみ車、私達ため陀はずみ車から過去まで見て、進歩を見て、また(まだ)むざむざ止まらない望みを見ることができました。それはいわゆる“機能性”に限るべきでなくて、それは1つの時代の奇跡で、時計の奇跡をも引き続き創建し営むでしょう。