オメガとロレックスの自宅標準

ロレックスをCOSC認証のムーブメントを入れてケースになった後に、更に全体精度テストして、その名を「トップの天文台認証表」、「Superlative盤面にChronometer Officially Certified」の文字が、つまりこの意味。この件についてロレックスはすでに50年以上もした。

 
昨年、ロレックスから大声で言うと、凡そロレックストップ天文台認証表、その日差も満足-に/+に秒以上COSC標準要求し、茶色のタグに変更緑、トップ天文台認証表の身分証。

 
お相手オメガも遅れない、連合スイス連邦計量研究院(METAS)に発売した「至臻天文台認証」、COSCに加え、耐磁認証:じゅうご、000ガウス磁場の環境の下で、腕時計をご秒毎日誤差。

 

 
ロレックスとオメガ、年生産の百万近くのスーパー大ブランドだけなら、彼らは使い続けることで自分の標準、使わCOSC、これは重大な事件である。もしCOSC認証として業界標準を継続し、必ず変えなきゃ。

COSC /天文台認証表

COSCは、フランス語Controle OfficielSuisse des Chronometresの略で、翻訳は、「天文台時計公式管理機構」。この機構を設立し、1970年代には、ジュネーヴ、纳沙泰尔などタブ地帯やスイスタブ協会が共同で発起設立。

 
同機構の認証を経て腕時計が「天文台という表」は、この言葉はChronometre源。

 
大航海時代、海上航行必要時の正確な時計、容易に正確な判断で経度位置で、当時の担当時間測定と経度確認の公式機関は天文台。経天文台認可、使える海上を正確に計算する経度の時計を、「Chronometer」。この語も現在、現在、代が精確になるということです。

 
COSC認証主に機械式時計ムーブメント「16日のテストで、3つの温度は、5つの方位、七つの基準」に、私たちは常につぶやくの-よんしよ/+ろく秒日差は、その基準の一つ。