永遠の微笑ベロンシリーズ「SMay」さんの腕時計

悲しみに直面しても、恐怖に直面しても、涙がまだ乾いていないとしても、あなたの顔を楽しく描くことで、ずっと努力して、命の美しさを発見していく――という簡単明瞭な「SMay」哲学は、映画『モダン時代』の中で、私たちと共有する人生の哲理である。流行の天王・マイク・ジャクソンが歌ってくれたクラシック曲。スイス美度表ベロンシリーズは特に女性の「SMay」の腕時計で、新古典主義建築の傑作、フランスのレインオペラハウスの中からインスピレーションを取り入れ、簡潔で優雅なスタイルで腕時計を定義し、抵抗できない魅力をアピールしています。表盤は巧みに象牙色とチョコレートの色を融合させ、さらにやわらかくて上品であり、12粒のダイヤモンドは細やかに彩られ、他の日付の数字と共に笑顔のスタイルを描き、さらに腕時計の女性気質を際立たせ、腕の間に美しい微笑を放つ。

 
1つの楽しい顔、世界はもう単調でなくて、1つの会心のほほえみ、世界に愛の味に満ちている。これは笑顔の魅力で、どんな困難な痛みに関わらず、笑顔で向き合って、生活の美しさを発見します。スイス美度表ベロンシリーズ「SMay」の腕時計は、女性の優雅な魅力を笑顔で咲かせている。

指揮官シリーズ男腕時計のリーダー気質

50年以上の歳月が過ぎて、ファッションの潮流は時間の流れの間に変化が尽きなくて、繁雑な流行の交替の中で、1959年に誕生したスイスの美度表の指揮官のシリーズはずっとその最初の設計を堅持して、抜群に俗っぽい優雅さと簡潔で率直な現代の息を完璧に結びつけて、スイスのアメリカ度の時計の“A Mark Ofトラック”を伝承していないだけではありませんDesignの卓越したブランド精神は、機能性と信頼性の完璧な統一を実現し、広々とした表盤とシンプルな線で「指揮官」の精神を瞬時に理解させることができる。スマートな自由自在は「指揮官」という唯一無二の気質であり、自分が一人であっても、経典の法的なロマンチックな成果を見事に達成しなければならない。

 
指揮官シリーズの腕時計は、円形の表殻と鋼の材料は鉄塔の塔の先端がタキの曲線に似ているように、滑らかに動く。表盤間の細格のデザインはエッフェル塔の外観スタイルに由来する。このシリーズの制作プロセスは、エッフェル塔一釘一ベットの組立を踏襲しており、少しも細やかな配慮もなく、細部の細部作りにも全力を尽くした新しい腕時計体験が、生活の多彩さと変化万千にマッチしている。

 
このシリーズの時計は時間を一つの探求の過程にして、法のロマンチックな情緒と上品な芸術のセンスを表現して、分分秒の付き添い、生活も無限の可能性を満たします。指揮官シリーズの腕時計には、実用的な自動機械の機軸を確保し、精確な歩き方を確保し、腕時計の装着者にはすべての素晴らしい時間を見逃さないようにする。表殻の直径は40ミリで、スーパー- Lamichva®の夜光処理の針を合わせて、夜間の読数ももっとはっきりしています。内陥没式頭、50メートル防水、両面防目ブルー宝石の鏡面は腕時計を全体的に示し、大気は芸術的な雰囲気に満ちている。スイスの美度表指揮官シリーズの腕時計は、磨きをかけて磨きをかけるステンレスの表帯を合わせ、同時にシルバーや純黒灰色の表盤腕時計など様々な選択肢を提供し、異なる場合のニーズに合わせて、独身のあなたと同じような素晴らしさを見せた。

カルティエの女子時計は種類が多い

青い風船
この腕時計はカルティエの青い風船の中の1つで、その自分の設計は少しきれいで、青色の運用は主に指針と表冠の2か所で表現して、無形の中には白色の表盤と精鋼の表殻に何分か美しい色を加えます。33ミリの直径の設計を採用して、精製鋼の表殻とチェーンの材質は製造して、長持ちして長持ちします。

 
戦車
カルティエの戦車シリーズが好評だったが、このピンク色のTANTANSoloは女性の目を引き付ける。外型では、戦車シリーズの一貫した硬直な、シンプルなデザインを受けていて、金属の表殻は見識があって角がはっきりしているが、柔らかいピンクの表板にピンク色のワニの皮が加えて女性の柔らかさを増し、表経は31ミリに達したが、石英の機軸はこの表には5.55ミリの厚みがあり、全くならない女性の繊細な腕の負担。

 
サントス
このカルティエ腕時計は、中号表に属するもので、より多くの人が着用することができる。44.2 x 35.6ミリ、厚さ10.7ミリの精製鋼のケース。七角形表冠は、複数の切面をはめ込み、カルティエ製表の伝統を引き継いだ。銀めっきの珠光の表盤、夜の光の剣の形の黒い酸化鋼の針、ブルーの宝石の水晶の鏡面、仕事は非常に細やかでも美しいです。ピンクワニの皮のバンドは、快適であるだけではなく、女性の優しい優しい雰囲気を体現することができます。

 

このカルティエ腕時計は、赤い赤と金色で王者気質を演じ、6時の日付表示と12時にあるローマの数字に合わせて対称に表盤に列挙したほか、キラキラした丸いドリルやサファイアを使って、表盤を飾る時の標と冠を飾る。

贅沢な腕時計ブランドのナニー海は海の風情を発揮します

長続きして、人々は贅沢品という概念に対して往々にして一つの誤区に陥ることがある。ぜいたく品はきっと高価で、価格は高くないと思います。しかし、贅沢な時計ブランドはこのような拘束を破って、人々のぜいたく品に対する認知を変える。

 
腕時計はブランドのバッグや服装とは異なります。それは高い核心の科学技術、機軸、表盤、その内部の部品、一部の模造品は腕時計の外観を模造することができて、その内核を回復することができない。世界で最も有名な腕時計はほとんどスイスで、ロレックス、オメガ、ダブルスなどのようです。しかし、戦国時代はイタリアからの血統です。

 
ロナニーブランドの機軸と工芸の研究開発は、それがノサテールの製表工場で完成し、自分の工場で時計を作っている。贅沢な時計ブランドの中でも珍しい。このような専門的な製表工場があるのは、その背景にも関係がある。1860年に設立されたペナニー海では、工場で生産された製品は、測定時間と空間の専門機能を持ち、品質が優れ、安全基準は一般的ではない。

 
19世紀末には、イタリア海軍に指定された供給商となった。1910年、サイナ海は夜光物質を開発し、身だしなみ盤、狙っている装置などに応用された。この技術は、イタリアと他のいくつかの国で特許権を取得した。第1次世界大戦中、イタリア海軍が使用した鉄砲狙いの夜光装置、カウントダウン装置、深さ測定器、指南針、水底引爆装置のタイマーなど、いずれもソナニーの工場から産まれた。1938年、イタリア海軍が極端に劣悪な環境に耐えることができるRDiamir腕時計を作った。軍用の腕時計の歴史によって、イタリアの伝統工芸の慣習を加えて、詩人は腕時計の機械を自分の旗の下に包んだ。

 

http://www.mylovewatch.xyz/