探索の旅帝舵迅がシリーズブラックシードに乗る

Scramberは、ドゥカティの姿を象徴しており、ブランドの快快刺激、狂野不羈、冒険精神の魅力を放つ。帝舵スタイル工室では、ファーストリテイリングを作成するときに、このような自由自在で一格にこだわらない精神を持っています。デザインした3つの表盤は、Scramberの異なる車の金を表します:明るい黄色、Scramberの経典の色、オリーブの緑、強烈な都市の色を与えます。デザインはあまりにも優れていて、表盤ははっきりして読むことができて、色が色づいていることを明らかにして、一連のより多くの姿に乗って、新しい活力を発揮します。

 
速達の時計の時計の時計の時計の防水は150メートルの深さに達して、砂の唖の光の面の鋼の表殻はその技術の特性と卓越した性能を表現して、ロブライトの黒色の陶質の外輪を加えて、およびPVDの処理したのがかすれて黒いボタンと表冠を通じて、鮮明な対比を形成して、このような観感をもっと強くします。腕時計稜角ははっきりしていて、細工が細々としており、オートバイの車体を連想させる。腕時計は自動上のチェーンの機械のコアを備えており、動力は約46時間、カレンダー機能を設置する。カレンダーは4時半の位置に位置しており、カレンダーを開校するには、付送の道具で調校する。中層の表殻を除いて、オートバイの美学はまたこの新しい表の他のコンポーネントの上で運用します。速達腕時計には2つのバンドが用意されており、1項は典型的な真皮座布団を演ずることで、運動効果はさらに際立っている。もう一つは、ブライト黒のゴム表帯で、腕時計の技術的特性を強調しています。

宇舶典融合エナメルブレークリスト

ずっと以来、エナメルマスターは芸が絶大で有名で、精巧な微細絵、材質の性能と温度制御、彼らは無精である。ロメロ・ブリーヌの作品は一貫していて、派手で華やかで色彩が鮮やかで、表盤制作の専門家たちはきちんと作品の輪郭を再現し、その後再びプラチナを押し、次のステップにエナメルの精緻な工芸を準備する。エナメルマスターは、まずエナメルを鉢の中で砕いて、もう1階に表盤に敷かれています。いろいろな色では、みんなが面倒なように取り合わなければならない。できるだけ原作に忠実にするために、エナメルマスターたちは、ロメロ・ブリーがアクリルの絵の具を選ぶ方法に従ってエナメル染め剤を調合した。色板の上から250色の色の中から、12種類の不透明な色を選ぶ。約800度の熱で焼制し、色ごとに金属にしっかりと付着している。それぞれの色が単独で焼かなければならないため、数日の画面が腕間の方寸に現れる。このように、宇舶来表内にエナメルを埋め、ロメロ・ブリーヌの定番デザインを再現。実際の焼制の過程で、エナメルは、金属の細線が小塊に分けられていて、その店は非常に精密で、そのためほとんど発見できません。表盤を作る過程で、微視の芸で作品の中の美しさを再現することは挑戦の重さとも言えるが、琴瑟は調和して色沢の鮮やかな表盤が目の前に躍り出て、世間を休むことができたのである。

 
エナメルブレーク腕時計の再現―時間の融合は、歴史のある芸術を、極端に現代的なデザインに溶け込んでいる。経典を融合させたエナメルクロス腕時計は、プラチナや陶磁器の2種類のバージョンがあり、黒のワニの皮のバンドを組み合わせて、ゴムの上に縫っています。

 
陶磁器のバージョンは50枚限定で、プラチナバージョンは30枚限定です。

ドアダが手を携えて林宥嘉が新しい態度を出す

時間は抽象的な言葉であるが、解釈者の立場によって多様な姿を見せる。時間との戦いの中で、それぞれの人は自分で追いかけていく方向を持っていて、理想の愛に触れ、心を固め、自分を表現することが大切になります。音楽の分野では、音楽の分野では、音楽の才子の林宥嘉だけをして、新しい態度を出した「時間と戦い」を発表し、執着する新鋭の風格を解釈して、自分の立場を表現する。

 
シンガーソングライターとして、林宥嘉はきっと華語楽壇の独特なまばゆい色に違いない。彼は音楽で心の緒と悟りを書いている。心をこめて聞いてみると、彼の音楽は主流ではないかもしれないが、字の中で本当の気持ちを味わうことができる。デビューしてから10年、林宥嘉は時間と渡り合っているうちに、穏やかで謙遜した性格を練習していた。しかし、自分の好きな音楽に対して、彼は依然として自分の創作の初心をしっかり持っていることに執着している。

 
自分の方向を堅持して、決まったリズムに従って演繹して、林宥嘉は自分の内心に従うことを源にして、そして音楽に対する不変の熱意、これは新鋭の人物が時間の余裕を身につける姿勢です。時間に焦点を合わせて、中から自分自身、飛亜達印のシリーズは新鋭の人物の腕に躍起になって、少しずつ変化した夢の旅を刻印しています。

 
飛亜達印シリーズ腕時計GA 85000 1 PS 2
軽重の審美的な品位は、単車チェーンをキャリアにしており、シリーズ腕時計には、簡素な現代ブームを巧みに融合させ、細部の味わいを残し、歳月の流れの美しさを微細に刻印する。腕時計のデザイン言語が好感を持っています。円潤で、腕のゆったりとした表殻にしても、内部に搭載されている輸入機械の機心も、マダダのブランド品のいっぱいの誠意を体現しています。

国際ミラノの110周年、カモメは国境を越えて協力します

インテルナツィオナーレ・ミラノFCは、110年の歴史を持つヨーロッパの栄光軍団で、唯一の五冠王を持つイタリアサッカークラブである。蘇寧が手を継ぐと、クラブの一線や青訓の成績も明らかになった。今年5月に終了したアリーグでは、国際ミラノは近年のポイントでリーグ第4位を獲得し、6年ぶりにリーグ戦に復帰した。上季の国米の各級の段々にも収穫がある:国米のU 19、U 16、U 15はそれぞれリーグチャンピオンを獲得し、U 19はさらに、青年スーパーカップ、ビアレジョー杯を含む「小三冠王」を獲得した。

 
カモメは、1955年から始まり、中国のオリジナル機械腕時計集大成者で、中国の腕時計業界には「国札の手本」としての誉れがある。カモメは国産の製表に対して優れた貢献をした。一つの民族ブランドとして、カモメは中国人が自分を強固にして進取の精神を開拓し、新中国第一の時計を作った。現在のカモメは更に国際的な大物の高級な製表の技術を持っていて、製品も全世界のユーザーに認められています。もっと貴重なのは、カモメが「私には中国の心がある」というスローガンを出していて、中国の製法企業にとっては難しいことで、カモメが強い独自の製造と開発能力を備えていることを説明しました。
今回の2つのブランドは、万里の国境を越えた連合は、まさに「国米精神」と「カモメ精神」の完璧な融合である。これまで、国際ミラノは「極致、超越を追求する」というサッカーの精神を持っていて、カモメ表は中国の歴史の長い古いブランドとして、自主的な革新能力を強化し、国際的なブランドを発展させる戦略的基点としている。

 
シェークスピアは、命よりも重い、それが栄誉だと言った。栄誉のために戦うのもこの腕時計のインスピレーションの源となった。更に面白いのは、2つのブランドのSaill、INTerの英語の最初のアルファベットで構成された単語のSIを抽出し、イタリア語ではYESの意味で、さらに2つのブランドの強強な連合の決意を固めた。

 

http://www.mylovewatch.xyz/